拳侠伝(2) 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

拳侠伝(2)ブックライブ無料試し読み&購入


幕末の動乱期、京都に一人の拳法の達人がいた。名は拳竜。この拳竜、破れ寺に住み、女も大好きという罰あたりな破戒坊主なのだが、エッチなくせして正義感も強いという実に格好のいいスーパー・ヒーローなのだった。破れ寺の名に因んで、くるわの愛染明王、げんこつ法師ともよばれるが、その絶対的な強さには、ただひたすら感動するばかり。ちなみに第1話が「寺田屋」。最終第10話まで感動的で心が洗われるような作品がそろうが、各話に激動の時代の“有名人”、つまり、歴史上の人物が登場するのも読者には楽しみのひとつだ。いずれにしてもさすがにバロン先生。ストーリーの面でも天下一品、この充実ぶりには、まさに大満足の一言なのであった。
続きはコチラから・・・



拳侠伝(2)無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


拳侠伝(2)「公式」はコチラから



拳侠伝(2)


>>>拳侠伝(2)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


拳侠伝(2)、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
拳侠伝(2)を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で拳侠伝(2)を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で拳侠伝(2)の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で拳侠伝(2)が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、拳侠伝(2)以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画雑誌を購入すると、近い将来保管に苦労するという問題に直面します。だけどもBookLive「拳侠伝(2)」であれば、保管場所に困る必要性がないため、何も気にすることなく楽しめます。
マンガの発行部数は、何年も前から低下している状態なのです。古くからのマーケティングにこだわることなく、料金の発生しない無料漫画などを広めることで、新規ユーザー数の増大を狙っているのです。
本を買う代金は、1冊1冊の単価で見れば安いと言えますが、沢山買えば毎月の料金は高くなってしまいます。読み放題を利用すれば固定料金に抑えられるため、支出を節減できます。
購入の前に試し読みをしてマンガのあらすじをチェックした上で、安心して手に入れられるのがネット上で買える漫画の利点です。予め物語を把握できるので失敗することがほとんどないと言えます。
漫画好きを他人にバレたくないという人が、このところ増加しているとのことです。部屋に漫画は置いておくことができないというようなケースでも、BookLive「拳侠伝(2)」の中なら他人に非公開にして漫画を読むことができます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


物を溜め込まないというスタンスが世の中の人に理解してもらえるようになったここ最近、本も冊子形態で所持したくないために、漫画サイト経由で読む人が多くなったと聞いています。
電子コミックがアダルト世代に人気を博しているのは、幼少期に何遍も読んだ漫画を、改めて自由気ままに味わえるからだと言えるでしょう。
読み放題というのは、電子書籍業界でしか成しえない真に先進的な取り組みです。読む方にとっても作家さんや出版社にとっても、良い面が多いということで、早くも大人気です。
評判の無料コミックは、スマホやタブレットがあれば読むことができます。出先、休憩時間、医者などでの順番待ちの時間など、隙間時間に気負わずに読めるのです。
漫画好きを隠匿しておきたいと思う人が、近年増えていると聞きます。マイホームに漫画は置いておくことができないと言われる方でも、漫画サイトを活用すれば誰にも知られず漫画に没頭できます。





拳侠伝(2)概要

                              
作品名 拳侠伝(2)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
拳侠伝(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
拳侠伝(2)詳細 拳侠伝(2)(コチラクリック)
拳侠伝(2)価格(税込) 432円
獲得Tポイント 拳侠伝(2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ