旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉ブックライブ無料試し読み&購入


東南アジアから南米まで…旅する人たちのロマンを描いた傑作冒険小説 東南アジア旅行中に秘密仲買人に間違えられた深川の師匠・加納清吉郎は、日本語を話すユピンという女にラオス国境へ連れていかれるが、革命が起こり、メコン河を下る演芸船にかくれて危うく窮地を脱する。ユピンを連れて帰国した師匠は四年後、再びラオスを訪れるが、そこには思わぬ陥穽が仕掛けられていた…。(「ロン・コン」) 第85回直木賞候補となった本作は、「父ちゃんバイク」「ロン・コン」など珠玉の短篇が収録された作品集である。・ロン・コン〈母の河で唄え〉・ロン・コン PARTII〈母の河に眠れ〉・父ちゃんバイク・花を浮かべて・顫音(トレモロ)・熱い冬●胡桃沢耕史(くるみざわ・こうし)1925年東京生まれ。府立六中(現新宿高校)、拓殖大学卒。『近代説話』同人。昭和30年、『壮士再び帰らず』(筆名・清水正二郎)で第7回オール讀物新人賞、58年、『天山を越えて』で第36回推理作家協会賞、同年『黒パン俘虜記』で第89回直木賞を受賞。『翔んでる警視正』シリーズ、『旅人よ』、『ぼくの小さな祖国』、『女探偵アガサ奔る』、『ぶりっこ探偵』、『夕闇のパレスチナ』、『闘神』など著書多数。
続きはコチラから・・・



旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉「公式」はコチラから



旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉


>>>旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


空き時間を面白おかしく過ごすのにピッタリなサイトとして、流行しつつあるのがBookLive「旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉」になります。本屋に通って欲しい漫画を購入しなくても、スマホでサイトから購入すれば好きな時に読めるという所が便利な点です。
数年前に出版された漫画など、小さな書店では注文しなければ買うことができない作品も、BookLive「旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉」という形で多数並んでいるので、スマホが1台あれば手に入れて読めます。
普段からたくさん本を読むという方にしてみれば、月額料金を払えば何冊でも読み放題で堪能できるというサービスは、まさに革新的だと捉えられるでしょう。
電子書籍も小説や漫画と同様に情報が商品ということになるので、内容が今一つでもお金を返してもらうことはできません。だからこそ、ストーリーを確かめるためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。
幼い頃に読んでいた懐かしさを感じる漫画も、BookLive「旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉」という形でダウンロードできます。店舗販売では取り扱っていない作品も山ほどあるのがポイントだと言っても良いでしょう。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


今流行りの無料アニメ動画は、スマホでも楽しむことが可能です。ここに来て中高年層などのアニメオタクも増加していることから、今後一層進化していくサービスであるのは間違いありません。
漫画コレクターだという人からすれば、コレクションとしての単行本は値打ちがあるということは承知しているつもりですが、「読めればそれで十分」という人だとすれば、スマホで読むことのできる電子コミックの方が重宝します。
電子無料書籍を有効活用すれば、時間を割いて販売店まで訪ねて行って立ち読みであらすじを確認する面倒は一切なくなります。こうしたことをせずとも、スマホで「試し読み」をすれば中身の下調べができるからです。
書店など人目につくところでは、立ち読みすることも躊躇するような漫画だとしても、無料漫画コンテンツを提供している電子書籍であれば、好みに合致するかをよく理解してから購入することができるのです。
「どの業者で書籍を入手するか?」というのは、意外と大切なことだと考えます。販売価格やシステムなどが違うのですから、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければいけません。





旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉概要

                              
作品名 旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉ジャンル 本・雑誌・コミック
旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉詳細 旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉(コチラクリック)
旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉価格(税込) 486円
獲得Tポイント 旅人よ ロン・コン〈母の河(メコン)で唄え〉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ