青きを踏む、花曇り、その他の短篇 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

青きを踏む、花曇り、その他の短篇ブックライブ無料試し読み&購入


小説家としてだけでなく、女優、映画監督、脚本家など、幅広いジャンルで活躍する唯野未歩子、初めての電子書籍オリジナル小説。RADWINPS「me me she」、奥田民生「手紙」、松田聖子「制服」、松任谷由実「青いエアメール」、THE BLUE HEARTS「ラブレター」、矢野顕子「ひとつだけ」、くるり「ピアノガール」。せつないヒットソングをモチーフに、ささやかな人生を生きる様々な人たちの「片思い」模様を繊細に綴る連作小説です。「暴風域」 別れるとき、旬くんとあたしは毎回、嵐のように啼いた。「八回ふられても嫌えない」と彼は泣く。でも、あたしは知っている、これはあたしの片思いだということを。「冬晴れ」みつめるだけでいいの。そういったら、「ずっと見守っていてくれ」先生はいった。――はかない片思いの記憶が、四十一歳でひとりのわたしの人生を、あたらしくしてくれる。「五月闇」親友は、自分の元妻と結婚しろと僕に言う。大学時代、東京で僕ら三人はともにすごした。確かに僕は彼女が好きだった。でも、彼女と結婚するのは、心底から嫌だ。「花曇り」卒業式。レースを縫い込んだ制服を脱ぐあたしは、明日から好きなものを着る。そして、亮くんは、もう二度と会えないひとになる。いまが、はじめての別れだ。「老婦人の夏」愛猫・ヒュッテを入院させた帰り、私は思い出している。交通事故で死んだつぐにいちゃま、二十五年を共に生きた不倫の恋人、そして、ヒュッテがやってきた夜のことを。「窓霜」妻が亡くなって三ヶ月。義妹が妻の愛犬ルルを返してきた。霜柱の断つ寒い朝、俺とルルはぎこちない散歩に行き、その道すがら、妻のはかない影をたぐり寄せる。「青きを踏む」毎年恒例の花見の午後。咲き乱れる桜の下、訪れるはずの友人たちを待つ夫をぼんやりと眺めながら、わたしは、夫にまだいえないでいる、授かった命のことを考える。「ドッグデイズ」姪の礼と、お風呂でパフェを食べながら、わたしは猛のことを考える。ふられて一年半も経つのに、からだしか知らないのに、世界でいちばん大好きな猛のことを――。
続きはコチラから・・・



青きを踏む、花曇り、その他の短篇無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


青きを踏む、花曇り、その他の短篇「公式」はコチラから



青きを踏む、花曇り、その他の短篇


>>>青きを踏む、花曇り、その他の短篇の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


青きを踏む、花曇り、その他の短篇、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
青きを踏む、花曇り、その他の短篇を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で青きを踏む、花曇り、その他の短篇を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で青きを踏む、花曇り、その他の短篇の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で青きを踏む、花曇り、その他の短篇が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、青きを踏む、花曇り、その他の短篇以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料コミックでしたら、購入しようか悩んでいる漫画の一部分を試し読みすることができるようになっています。購入前に中身を一定程度まで認識できるので、非常に人気を博しています。
「アニメについては、テレビで放映中のもの以外見ない」というのは昔の話だと考えます。そのわけはと言うと、無料アニメ動画などをネットで視聴するというパターンが増えてきているからです。
幼少時代に楽しんだ往年の漫画も、BookLive「青きを踏む、花曇り、その他の短篇」という形で取り扱われています。近所の本屋では置いていない漫画も揃っているのが良いところなのです。
月額の利用料が固定のサイト、登録しなくても使用できるサイト、1巻ごとに購入するタイプのサイト、無料作品がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも諸々違いが見られますから、比較するべきでしょう。
「電子書籍が好きになれない」という方も多いようですが、一度でもスマホを介して電子書籍を閲覧したら、その手軽さや購入の手間なし感から繰り返し購入する人が多いらしいです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


日頃より山のように本を読む方にとっては、月毎に同一料金を払うことにより満足するまで読み放題という形で閲覧できるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに先進的だという印象でしょう。
購入前に内容を確認することが可能であるなら、購入後に悔やむということがほとんどありません。本屋さんでの立ち読み同等に、電子コミックにおいても試し読みができるので、中身を知ることができます。
購入後に「思ったよりもありふれた内容だった」となっても、単行本は返品などできません。だけれど電子書籍なら最初に試し読みができるので、そうした事態を防ぐことができるというわけです。
漫画や小説などを購入すると、近い将来収納スペースがいっぱいになるという問題に直面します。だけども書籍ではない電子コミックであれば、どこへ収納するか悩むことが全くないので、いつでも気軽に読むことができます。
漫画サイトを活用すれば、家の一室に本を置く場所を工面する心配は不要です。また、新刊を手にするためにショップに行く手間も省けます。こうした特長から、利用者数が増加していると言われています。





青きを踏む、花曇り、その他の短篇概要

                              
作品名 青きを踏む、花曇り、その他の短篇
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
青きを踏む、花曇り、その他の短篇ジャンル 本・雑誌・コミック
青きを踏む、花曇り、その他の短篇詳細 青きを踏む、花曇り、その他の短篇(コチラクリック)
青きを踏む、花曇り、その他の短篇価格(税込) 864円
獲得Tポイント 青きを踏む、花曇り、その他の短篇(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ