資本主義をとことん考える 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

資本主義をとことん考えるブックライブ無料試し読み&購入


先進国を中心に長期停滞論が叫ばれ、拡大する貧富の差がその限界論を裏付けようとしている。「資本主義」というシステムは限界に達したのか。どこに問題があるのか。徹底検証した。本書は週刊エコノミスト8月12・19日合併号の特集「資本主義をとことん考えよう」をまとめた。主な内容Part1 何が問題か・ピケティ理論で知る資本主義の本質・長期停滞論 先進国が直面する避けがたい限界・インタビュー バリー・アイケングリーン教授・対談 寺島実郎vs水野和夫・日本の現実 速いスピードで若年層格差が深刻化・120年実証研究 日本も戦前は「格差社会」 高度成長期に「格差なき成長」・法人税減税は有効か 不公平感をなくす所得再分配政策を・タックスヘイブンの弊害 専門テクを駆使して税金を払わないグローバル企業・ピケティ理論と日本経済 資本分配率の上昇は日本には当てはまらない・日本経済の課題 回復には生産性の向上が不可欠Part2 歴史に学ぶ・資本主義の起源 「英国」や「西欧」を超え「世界的」だった・グローバリゼーション 覇権国の盛衰と金融危機を伴う・財閥が果たした役割 企業統治と買収で資本市場を活性化・なぜキリスト教だけか ウェーバーが説き明かした資本主義成立の条件・経済学は考える 資本主義における「対立」と「不況」・アジアと欧米で違い 経済成長の経路は同一ではないPart3 秘話探訪・サッカーと初期資本主義・富岡製糸場―近代産業の原点・サグラダ・ファミリア教会のパトロン
続きはコチラから・・・



資本主義をとことん考える無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


資本主義をとことん考える「公式」はコチラから



資本主義をとことん考える


>>>資本主義をとことん考えるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


資本主義をとことん考える、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
資本主義をとことん考えるを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で資本主義をとことん考えるを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で資本主義をとことん考えるの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で資本主義をとことん考えるが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、資本主義をとことん考える以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


スマホを使っているなら、BookLive「資本主義をとことん考える」を気軽に楽しめます。ベッドに横たわりながら、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに閲覧するという人が多いのだそうです。
既に絶版になった漫画など、ショップでは取り寄せを頼まないと手に入れられない書籍も、BookLive「資本主義をとことん考える」の形で多種多様に取り扱われていますので、スマホが1台あればDLして閲覧できます。
BookLive「資本主義をとことん考える」はスマホやパソコン、ノートブックで読むのがおすすめです。冒頭部分のみ試し読みが可能になっているので、それによって本当にそれをダウンロードするかどうかを判断する方が増えているらしいです。
競合サービスを追い抜く形で、こんなに無料電子書籍が大衆化してきている要因としましては、一般的な書店が姿を消してしまったということが挙げられるでしょう。
登録している人の数が右肩上がりで増えているのが話題となっているコミックサイトです。以前までは「漫画は本という形で買うもの」という人がほとんどでしたが、電子書籍の形式で買って読むという利用者が確実に増えてきています。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックの販促方法として、試し読みが可能という取り組みは見事なアイデアです。時間や場所に関係なく物語の大筋を把握できるので、休憩時間を上手に利用して漫画をチョイスできます。
単行本は、本屋でパラパラ見て購入するかしないかを確定する人がほとんどだと聞いています。だけど、このところはまずは電子コミックで1巻だけ買ってみてから、その書籍を買うのか否かを決める方が増えてきています。
読み放題というシステムは、電子書籍業界からすれば正しく画期的な試みになるのです。読む方にとっても出版社や作家さんにとってもメリットが多いということで注目されています。
無料電子書籍があれば、時間を割いて漫画ショップにて立ち読みであらすじを確認する必要がなくなります。こうしたことをせずとも、「試し読み」することで内容のリサーチが可能だからです。
サイドバックなどを持ちたくない男の人には、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはありがたいことなのです。荷物を増やさずに、ポケットに入れて書籍を持ち運べるというわけなのです。





資本主義をとことん考える概要

                              
作品名 資本主義をとことん考える
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
資本主義をとことん考えるジャンル 本・雑誌・コミック
資本主義をとことん考える詳細 資本主義をとことん考える(コチラクリック)
資本主義をとことん考える価格(税込) 216円
獲得Tポイント 資本主義をとことん考える(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ