文字に聞く 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

文字に聞くブックライブ無料試し読み&購入


「日本近代書道の父」と称される日下部鳴鶴の流れをくむ鳴鶴流第四代を継ぐ書家の著作。「字書きは文字学者でなければならない」という師匠の教えに従い、漢字の成り立ちなどについても研鑽を積み、それをまとめたのが、この一冊だ。 章立てがユニーク。「歩く文字、走る文字」「鷲づかみにされた心」「漢字でない漢字」「誠の花を学ぶ」「点は一生」の5章からなる。表意文字である漢字の意味や文字の誕生や変遷をたどり、漢字の魅力や書への思いや書聖、王羲之についても筆を進める。 書家の文字エッセーといった趣。「○(まる)」は三画で意味は四角であるなど、日ごろ接しているものだけに、改めて親しみが湧いてくる。だが、それだけではない。書の修行では「横棒三年、縦棒十年、点は一生」という。「先生になるにはその上にきちんとしたまるが書けなければならない」と、「○」の難しさも強調する。 文字と人間のかかわりは深く、歴史的にはたくさんの言語や文字が発生しては時代とともに消滅したり、大きく変化してきた。そうした中で、漢字だけが生き長らえているのは、漢字が表意文字であるという強みを持ち、書体は変わりながらも本質的には意味が変わらなかったことが大きいという。 それゆえに、中国では何千年も前の詩や文献を現代でも同じように読むことができ、それが古典的教養となって根付いている。漢字には、何千年と受け継がれてきた人類の知恵が秘められているということなのだ。「意味を持つこと」が漢字の命であるという著者の指摘は新鮮に響く。読みやすく、手軽な漢字の入門書といえ、「漢字が嫌いだ」という人でも楽しく読める。
続きはコチラから・・・



文字に聞く無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


文字に聞く「公式」はコチラから



文字に聞く


>>>文字に聞くの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


文字に聞く、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
文字に聞くを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で文字に聞くを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で文字に聞くの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で文字に聞くが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、文字に聞く以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


欲しい漫画はいっぱいあるけど、購入したとしても収納スペースがないと困っている人もいます。そういったことから、整理整頓を心配しなくて大丈夫なBookLive「文字に聞く」の利用が増えてきているわけです。
「出版されているすべての漫画が読み放題だったら良いのになあ・・・」という漫画好きのニーズを反映するべく、「固定料金を支払えば個別料金は発生しない」というプランの電子書籍が生まれたのです。
BookLive「文字に聞く」を読むなら、スマホが重宝します。パソコンは持ち歩けないし、タブレットも通勤電車などの中で読むという際には不適切だと考えられます。
移動中も漫画に没頭したいと思っている方にとって、BookLive「文字に聞く」ぐらいありがたいものはないと言っていいでしょう。1台のスマホをカバンに入れておくだけで、余裕で漫画の世界に入れます。
漫画と聞くと、「若者をターゲットにしたもの」だと考えているのではないでしょうか?だけどここ最近のBookLive「文字に聞く」には、アラサー・アラフォーの方が「若かりし日を思いだす」と口にされるような作品も山ほどあります。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


最新刊が出版されるたびに本屋まで購入しに行くのは骨が折れます。だからと言って、まとめ買いは外れだったときの心理的ダメージが大きいです。電子コミックは読む分だけ買えるので、その点安心です。
手持ち無沙汰を解消するのに最適なサイトとして、ブームとなっているのが漫画サイトなのです。わざわざ本屋で漫画を買う必要はなく、スマホだけで誰でも読めるというのが強みです。
「電子書籍が好きじゃない」という愛読家の方も稀ではないようですが、一度でもスマホを活用して電子書籍を読んでみたら、持ち運びの手軽さや購入のシンプルさからどっぷりハマるという人が多いのだそうです。
電子コミックが親世代に高評価を得ているのは、子供の頃に読んだ漫画を、再び容易に味わえるからだと言えるでしょう。
電子書籍については、知らないうちに料金が高くなっているということが十分あり得るのです。一方で読み放題に申し込めば毎月の利用料が固定なので、ダウンロードし過ぎたとしても利用代金がすごい金額になることを心配する必要がありません。





文字に聞く概要

                              
作品名 文字に聞く
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
文字に聞くジャンル 本・雑誌・コミック
文字に聞く詳細 文字に聞く(コチラクリック)
文字に聞く価格(税込) 540円
獲得Tポイント 文字に聞く(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ