LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67ブックライブ無料試し読み&購入


2011年6月に誕生したLINEは、今や登録ユーザーが4億人を超えた。だが、ゲームや広告事業では、周囲との軋轢も生まれている。 2013年8月に「年内リリース」と発表していた音楽配信「LINEミュージック」も、2014年7月現在いまだにリリースされていない。2013年秋開始としていたネット通販「LINEモール」も、一部機能の公開にとどまり、本格展開は行われていない。 アドバルーンだけでは、法人顧客との信頼関係にひびが入りかねない。世界展開と法人顧客の声に応えるという、難しい舵取りを迫られているLINE。収益化を急ぐ日韓連合に死角はないか。 本誌は『週刊東洋経済』2014年4月26日号巻頭特集の16ページ分を抜粋して電子化したものです。●●目次●●絶好調LINEの盲点岐路に立つ日韓連合!携帯電話会社がLINEに反撃韓国NAVERが抱える強者の悩みLINEは世界で勝てるのか世界で先行する ワッツアップ中国市場で立ちはだかる微信(WeChat)の実力LINEvs.「異業種」ライバル勢nterview ジャーナリスト 佐々木俊尚日本のキーパーソン4人に直撃 LINE取締役COO 出澤 剛 LINE上級執行役員CSMO 舛田 淳 LINE上級執行役員法人ビジネス担当 NHNプレイアート社長 加藤雅樹
続きはコチラから・・・



LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67「公式」はコチラから



LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67


>>>LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でLINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でLINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でLINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


使わないものは処分するというスタンスが徐々に認知されるようになった昨今、本も紙という媒体で所有することなく、BookLive「LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67」を活用して耽読する人が多いようです。
漫画というものは、読了後にブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、わずかなお金にしかなりません、読みなおそうと思った時にスグに読めません。無料コミックを上手に活用すれば、収納場所も不要なので片付けに悩むことがなくなります。
仕事がとても忙しくてアニメを見るだけの余裕がないという社会人にとっては、無料アニメ動画が役に立つでしょう。テレビ番組みたいに、毎回同じ時間に見る必要がないので、空き時間を有効に使って視聴可能です。
お店では、販売中の漫画の立ち読み防止策として、カバーをかけるケースが多いです。BookLive「LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67」を有効活用すれば試し読みできますので、あらすじを吟味してから購入の判断を下せます。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品なので、自分に合わなくてもお金を返してもらうことはできません。だから面白いかをチェックするためにも、無料漫画を閲覧することを推奨します。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本や漫画などの書籍を買う時には、数ページめくって中身を確かめた上で決める人が多いのではないでしょうか?無料コミックなら、立ち読み同様ストーリーを確かめることができるのです。
利用している人が急に増加しているのが、今流行りの漫画サイトです。スマホ上で漫画を見ることが可能なので、かさばる本を持ち歩く必要もなく、お出かけ時の持ち物を減らせます。
月極の利用料を払ってしまえば、多岐にわたる書籍を財布を気にせず閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で一般化してきています。1巻毎に支払いをせずに済むのが最大のメリットです。
「どのサイトで書籍を入手するか?」というのは、想像以上に重要なことなのです。価格とかサービス内容などに違いがあるわけなので、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければいけません。
「並んでいるタイトル全てが読み放題だったら、こんなに凄いことはない」という利用者の発想に呼応するべく、「毎月固定の金額を払えば購入の度に決済しなくてよい」というスタイルの電子書籍が生まれたのです。





LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67概要

                              
作品名 LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67ジャンル 本・雑誌・コミック
LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67詳細 LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67(コチラクリック)
LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67価格(税込) 216円
獲得Tポイント LINEの死角―週刊東洋経済eビジネス新書No.67(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ