日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65ブックライブ無料試し読み&購入


日本の工場で、事故・事件が相次いでいる。化学メーカーではこの数年に深刻な事故が頻発した。いずれも死傷者を伴うものだった。 消費者の不信を買ったアクリフーズの冷凍食品・農薬混入事件。逮捕された契約社員は自身の待遇に不満だったという。人件費削減のあおりで、今や日本の労働者の3割以上は非正規だ。 コスト競争に負けた工場の閉鎖も相次ぐ。戦後の高度成長を支え、脈々とつないできた「ものづくり」のDNAは、もはや日本メーカーに受け継がれていないのか。 多くの“プロ”がいたはずの工場で、今、何かが揺らいでいる。 本誌は『週刊東洋経済』2014年3月15日号第1特集の21ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】どうした日本の製造業マルハニチロ事件の「必然」食品の現場はこんなに危ない冷凍食品、なぜ投げ売り?化学メーカーの「油断」日本の工場から消えた高卒正社員工場は日本で成立するのか ソニー撤退の深い爪跡 薄型パネルを敗戦処理するパナソニック、シャープ 国内大リストラのJT
続きはコチラから・・・



日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65「公式」はコチラから



日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65


>>>日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


利用している人が増加しているのがBookLive「日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65」なのです。スマホを使って漫画を読むことが可能ですから、バッグなどに入れて本を持ち運ぶ必要もなく、お出かけ時の持ち物が少なくて済みます。
コミックと言うと、「10代を対象にしたもの」という印象が強いのではありませんか?ですが今はやりのBookLive「日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65」には、壮年期の人が「思い出深い」と言われるような作品も勿論あります。
電子書籍については、知らないうちに支払金額が高くなっているという可能性があるのです。ところが読み放題ならあらかじめ料金が決まっているので、いくらDLしようとも支払金額が高くなることを心配する必要がありません。
漫画や雑誌は、書店で立ち読みして購入するか購入しないかの判断を下す人が大半です。けれども、近頃はひとまずBookLive「日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65」サイトで1巻を読んでみて、その書籍を買うのか買わないのかを決める人が増加しています。
買ってしまう前にストーリーを知ることができるとすれば、購入してしまってから後悔するようなことにはならないでしょう。普通の本屋さんでの立ち読みと同じように、BookLive「日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65」でも試し読みをすれば、どんな漫画か確認できます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という利用者の要望に応えるべく、「固定料金を払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」という形式の電子書籍が生まれたわけです。
マンガ雑誌などを購入しようと思ったときには、中身をざっくりと確かめてから決めるという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みしているのと同様に内容を見るのも簡単なのです。
サービスの細かな点に関しては、会社によって変わります。そんな状況なので、電子書籍をどこで買うことにするのかに関しては、当然比較したほうが良いということです。適当に決定するのはおすすめできません。
「大体の内容を知ってからでないと購入に踏み切れない」というような方にとって、無料漫画というのは長所だらけのサービスなのです。運営者側からしましても、新しい利用者獲得に繋がります。
「電車の乗車中に漫画本を広げるのはためらってしまう」という様な方でも、スマホそのものに漫画を保管すれば、羞恥心を感じる理由がなくなります。このような所が漫画サイトが人気を博している理由です。





日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65概要

                              
作品名 日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65詳細 日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65(コチラクリック)
日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65価格(税込) 216円
獲得Tポイント 日本の工場が危ない!―週刊東洋経済eビジネス新書No.65(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ