アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64ブックライブ無料試し読み&購入


中国の超巨大ネット通販企業・アリババ。年間の商品取扱高は25兆円にも及び、イーベイや楽天を圧倒。利益水準ではアマゾンにも勝つ。 そのアリババが米国への上場計画を発表し、世界の株式市場を揺るがしている。いまや同社は内需拡大や金融改革など中国の経済政策を動かすほどの存在だ。 創業15年でここまで駆け上がった「怪人」馬雲(ジャック・マー)会長の実像、アリババを動かす中核メンバー、創業期を支えたソフトバンクや米ヤフーとの関係など、謎に包まれた企業の正体に迫った。 本誌は『週刊東洋経済』2014年5月24日号緊急特集の20ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】世界を揺るがすネットの怪人迫るソフトバンクとの決別ヤフーがタオバオを“積極学習”米国投資家の話題独占。アリババのお値段は?美人社長から学生まで密着取材!「アリババ依存症」を追う 買い物が大好き! でもいい店がない バイト学生も熱中! タオバオにはまる理由 配送先は職場! 忙しい上海人もやはりネット派 偽物も多いけど、何でもあるのが魅力 余額宝のおカネで買い物もしてしまうタオバオで月商100万元のスーパー主婦タクシー配車アプリが爆発的に普及アリババの金融大革命日本企業のアリババ活用術革命児 馬雲 野望の原点
続きはコチラから・・・



アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64「公式」はコチラから



アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64


>>>アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でアリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でアリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でアリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


本などの通販サイト上では、基本はカバーとタイトル、ちょっとした話の内容しか把握できません。それに対しBookLive「アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64」サイトを利用すれば、冒頭部分を試し読みすることができるようになっているのです。
BookLive「アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64」のサイトそれぞれですが、1巻のすべてを料金請求なしで試し読みできるというところも存在しているのです。1巻を試してみて、「楽しいと思ったら、その続きをお金を支払って買ってください」という宣伝方法です。
ここへ来てスマホを利用して遊べるコンテンツも、どんどん多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画のみならず、無料電子書籍やスマホ限定ゲームなど、沢山の選択肢の中からセレクトできます。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが使い勝手も良くおすすめできます。決済も簡便ですし、最新本を買い求めたいがために、あえてショップに出かけて行って事前予約することも不要になるのです。
BookLive「アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64」を読みたいなら、スマホが最適です。PCは重くて持ち歩けないし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で閲覧するというような時には、大きすぎて迷惑になると考えられます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミックサイトはいくつもあります。それらのサイトをしっかり比較して、自分好みのものを1つに絞ることが必要です。そうすれば良いサイトを見つけることができるでしょう。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊ずつの単価で見ればそんなに高くないですが、読みたいだけ購入していれば、月単位の合計金額はかなり膨らむことになります。読み放題というプランなら利用料が定額のため、出費を抑えることができます。
「すべての漫画が読み放題であったら、こんなに凄いことはない」という利用者の要望を反映する形で、「月に固定額を払えば1回1回の支払いは不要」というプランの電子書籍が考案されたわけです。
本屋では、販売中の漫画を立ち読みされないように、カバーをかけるのが一般的です。電子コミックを有効活用すれば試し読みが可能ですから、絵柄や話などをちゃんと理解した上で購入が可能です。
「電子書籍には興味がない」という人も多いようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んでみたら、その手軽さや購入の簡単さから繰り返し購入する人が大半だそうです。





アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64概要

                              
作品名 アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64ジャンル 本・雑誌・コミック
アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64詳細 アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64(コチラクリック)
アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64価格(税込) 216円
獲得Tポイント アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ