会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57ブックライブ無料試し読み&購入


あなたの会社では何人がうつで休んでいるだろうか。 公務員の統計では国家公務員の1%強、地方公務員の1%弱が、主にうつが原因のメンタル休職者だ。民間企業でもこれが目安となる。わずか1%の休職者といっても、大企業ならかなりの人数になる。社員1万人なら100人がうつで休んでいることになる。 職場のうつは、復職を焦れば焦るほど再発する。再休職に追い込まれれば、本人も会社もつらい。 会社を悩ませ、社員の人生を狂わせかねない、うつの正体を追う。 本誌は『週刊東洋経済』2014年1月8日号第1特集の24ページ分を抜粋して電子化したもので、お求めになりやすい価格となっています。【主な内容】職場のうつ元うつ患者匿名座談会「私がうつになるとは思わなかった」再休職させない秘訣教えます  日産自動車「民製リワーク施設」 フジクラ「ジレンマ抱えつつのメンタル疾病予防」 ホンダ「再発率を1割下げる」 味の素「再発率が限りなくゼロに」 NTTデータ「病気の未然予防に力点」 ソフトバンク「ストラップで攻めの予防策」 横河電機「外国人をうつにさせない工夫」 アイエスエフネット「本社の3分の1は障害者」人事部長覆面座談会「このままでは会社はうつだらけ」うまく復職する・させるには 企業編「休職時に復職の条件をしっかり紙に残しておく」 社員編「主治医のお墨付きあれば休職命令は出せない」うつ再休職の背後に発達障害Interview 筑波大学大学院医学医療系教授 松崎一葉うつにして辞職に追い込むブラック企業の手口
続きはコチラから・・・



会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57「公式」はコチラから



会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57


>>>会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画を購入する場合には、BookLive「会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57」サービスで簡単に試し読みしるべきです。物語の展開や主人公の風体を、購入前に見ることができます。
スマホを使っているなら、BookLive「会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57」を好きな時に読めます。ベッドに横たわって、眠りに入るまでのリラックスタイムに楽しむという人が多いとのことです。
本などについては、ショップで少し読んで買うかの意思決定をする人が過半数を占めます。ただし、最近ではBookLive「会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57」を介して1巻だけ購読し、それを買うか判断する人が増加しています。
スマホで閲覧することができるBookLive「会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57」は、出掛ける時の持ち物を軽くするのに役立つはずです。リュックの中に重たい本を入れて持ち歩くようなことはせずとも、思い立った時にコミックを閲覧することが可能だというわけです。
定常的にたくさん漫画を読むという方にしてみれば、固定の月額料金を支払うだけで何冊でも読み放題で楽しめるというプランは、まさしく革新的だと評価できるのではないでしょうか?



BookLive!(ブックライブ)あるある2


本というものは返品は認められないので、内容を吟味してから買い求めたい人には、試し読みが可能な無料電子書籍は大変便利です。漫画も中身をチェックしてから買えます。
毎日を大切にしたいとおっしゃるなら、空き時間を無駄なく活用することが大切です。アニメ動画の視聴というのは移動時であってもできますから、このような時間を有効に使うようにしたいですね。
ユーザーが右肩上がりで増えているのが昨今の漫画サイトです。スマホで漫画をダウンロードすることが簡単にできるので、わざわざ本を携行することも不要で、手荷物を少なくできます。
入手してから「考えていたよりも面白さが伝わらなかった」ってことになっても、買った本は返品などできません。しかしながら電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こうした事態を防止できるというわけです。
話題の無料アニメ動画は、スマホでも視聴することができます。ここ最近は中高年層などのアニメ愛好家も増加しているという状況なので、今後更に進展していくサービスだと思われます。





会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57概要

                              
作品名 会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57ジャンル 本・雑誌・コミック
会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57詳細 会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57(コチラクリック)
会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57価格(税込) 216円
獲得Tポイント 会社のうつ―週刊東洋経済eビジネス新書No.57(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ