愛しのドクターコート 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

愛しのドクターコートブックライブ無料試し読み&購入


初めて好きだと自覚し、初めてセックスした、初めての恋人・梶(かじ)との別れから四年。哲(さとし)は研修医になっていた。これだけの月日が流れても梶の記憶は鮮明で、夢に見るほど哲の心を苛んでいる。そんなある日、先輩の九谷に連れていかれた店で、店長をしている梶と再会し……? その後のイノセント・ロマンス。
続きはコチラから・・・



愛しのドクターコート無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


愛しのドクターコート「公式」はコチラから



愛しのドクターコート


>>>愛しのドクターコートの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


愛しのドクターコート、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
愛しのドクターコートを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で愛しのドクターコートを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で愛しのドクターコートの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で愛しのドクターコートが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、愛しのドクターコート以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


アニメ動画というものは若者だけが楽しむものだと決め込んでいませんか?中高年が見ても楽しむことができるクオリティーで、深遠なメッセージ性を秘めたアニメも多々あります。
BookLive「愛しのドクターコート」が親世代に人気があるのは、若かったころに何度も読んだ作品を、再度自由にエンジョイできるからだと思われます。
BookLive「愛しのドクターコート」の販促方法の1つとして、試し読みができるというのは斬新なアイデアだと思われます。いつでもあらすじを確かめられるので隙間時間を上手に利用して漫画をチョイスできます。
近年スマホで楽しむことができるアプリも、一層多様化が進んでいます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、沢山のサービスの中からセレクトできます。
コミックは、お店で触りだけ読んで買うことにするかどうかを決める人がほとんどだと聞いています。しかしながら、昨今はBookLive「愛しのドクターコート」のサイト経由で1巻だけ読んで、その書籍を買うのか否かを決める人が増えているとのことです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


コミック本は、読んでしまってから古本買取専門店などに売却しようとしても、殆どお金になりませんし、再読したい時に困ります。無料コミックを利用すれば、場所は不要なので片付けに困ることはありません。
新刊が出るたびに書店で買い求めるのは不便です。ですが、大人買いは内容がイマイチだったときにお財布へのダメージが大きすぎるでしょう。電子コミックは都度買うことができるので、失敗することも少ないです。
電子書籍も小説や漫画と同様に情報が商品なので、つまらないと感じても返品することは不可能となっています。だから面白いかを確認するためにも、無料漫画を閲覧することをおすすめします。
次々に新たな漫画が配信されるので、何冊読んでも読む漫画がなくなるという状況にはならないというのがコミックサイトの長所です。本屋では扱わなくなってしまったマニアックなタイトルもそろっています。
スマホで閲覧する電子書籍は、普通の本と違ってフォントの大きさを自分好みに調整することが可能なため、老眼のせいで読書を敬遠してきた高年齢の人でも難なく読むことができるという長所があるのです。





愛しのドクターコート概要

                              
作品名 愛しのドクターコート
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
愛しのドクターコートジャンル 本・雑誌・コミック
愛しのドクターコート詳細 愛しのドクターコート(コチラクリック)
愛しのドクターコート価格(税込) 604円
獲得Tポイント 愛しのドクターコート(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ