フットボールの文化史 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

フットボールの文化史ブックライブ無料試し読み&購入


いまや世界的なスポーツになったサッカーとラグビーの始まりは、紀元前にまでさかのぼることができる。中世に入るとキリスト教と深い関わりをもつようになり、それは民俗フットボールとよばれた。それがパブリック・スクールの教育システムに組み入れられることによって、ルールが整備され、大英帝国の建設とともに世界に広がっていく。英国社会の鏡像としてのフットボールの歴史を、エピソード豊かに物語る。
続きはコチラから・・・



フットボールの文化史無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


フットボールの文化史「公式」はコチラから



フットボールの文化史


>>>フットボールの文化史の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


フットボールの文化史、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
フットボールの文化史を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境でフットボールの文化史を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格でフットボールの文化史の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定でフットボールの文化史が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、フットボールの文化史以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


書店では見つけられないような昔のタイトルについても、電子書籍なら見つけることができます。無料コミックのラインナップ中には、40代以上の世代が若い頃に楽しく読んでいた漫画が含まれていることもあります。
漫画マニアの人にとって、保管用としての単行本は値打ちがあるということに異論はありませんが、「読めればそれでOK」という人だとすれば、スマホで閲覧できるBookLive「フットボールの文化史」の方が重宝します。
「自分の部屋に置けない」、「所持していることも隠すべき」と思ってしまう漫画でも、BookLive「フットボールの文化史」ならば自分以外の人にバレることなく見ることができます。
「電子書籍に抵抗感を持っている」という愛読家の人もいるのは確かですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読むと、持ち運びの便利さや決済のしやすさから愛用者になる人が大半だそうです。
容易にアクセスして読み進められるのが、無料電子書籍が支持されている理由です。お店まで出掛けて行く必要も、インターネットでオーダーした書籍を届けてもらう必要もないというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子書籍というものは、気が付いたら料金が高くなっているということがあるようです。ところが読み放題サービスなら1ヶ月の利用料金が決まっているので、どんなに読んだとしても利用料が高くなることは絶対ないと言えます。
スマホを介して読む電子書籍は、一般的な書籍と違い文字のサイズを視力に合わせることができるため、老眼に悩む中高年の方でも問題なく読めるというメリットがあるのです。
コミックの売り上げは、このところ縮減しているというのが実態です。既存の営業戦略に固執することなく、いつでも読める無料漫画などを広めることで、利用者の増加を図っています。
「家じゃなくても漫画を読んでいたい」などと言われる方に向いているのが電子コミックだと言っていいでしょう。単行本を持ち運ぶことが不要になり、荷物そのものも軽量化できます。
無料漫画と呼ばれるものは、書店での立ち読みと一緒だと言えます。内容がどうなのかを概略的に確かめてからゲットできるので利用者も不安感を抱くことが少なくなるはずです。





フットボールの文化史概要

                              
作品名 フットボールの文化史
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
フットボールの文化史ジャンル 本・雑誌・コミック
フットボールの文化史詳細 フットボールの文化史(コチラクリック)
フットボールの文化史価格(税込) 648円
獲得Tポイント フットボールの文化史(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ