作家の日常 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

作家の日常ブックライブ無料試し読み&購入


「D列車でいこう」「フェイク・ゲーム」などの著作で知られる人気作家、阿川大樹氏のエッセイ「作家の日常」。オンラインマガジン騒人で連載されていた当作品に、第0回「小説家の誕生と死」――小説家になる前のエピソードを加えて再編集しました。小説家に必要な資質、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料についてなど職業作家の日常を赤裸々に告白。氏のファンだけでなく、小説家を目指している人や作家という職業に興味のある方にもオススメのエッセイです。
続きはコチラから・・・



作家の日常無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


作家の日常「公式」はコチラから



作家の日常


>>>作家の日常の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


作家の日常、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
作家の日常を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で作家の日常を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で作家の日常の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で作家の日常が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、作家の日常以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


漫画を購入するつもりなら、BookLive「作家の日常」を利用して試し読みをしておく方が賢明だと思います。大体のあらすじや人物などのビジュアルを、課金前に見て確かめることができます。
競合サービスに打ち勝って、ここ最近無料電子書籍というシステムが広まっている理由としては、町の本屋が減少してしまったということが想定されると聞いています。
「どの業者で書籍を買うのか?」というのは、結構大切なことだと考えます。購入代金とか仕組みなども色々違うので、電子書籍と申しますのはあれこれ比較して判断しなければいけないでしょう。
ここ最近、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが誕生し人気沸騰中です。1冊ごとにいくらというのではなく、ひと月いくらという課金方法を採用しています。
「比較などしないで選択してしまった」と言われる方は、無料電子書籍はどれもほぼ同じという考えかもしれないですが、サービスの具体的な内容は運営会社毎に異なりますので、しっかりと比較することは意外と重要です。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


電子コミックはノートパソコンやスマホ、iPadからアクセスすることが可能なのです。さわりだけ試し読みができますから、その結果次第でその漫画を読むかをはっきり決める人もたくさんいると聞いています。
漫画サイトで漫画を手に入れれば、部屋に本棚のスペースを確保する心配は不要です。また、新刊を手にするために書店に買いに行くことも不要になります。こうしたメリットから、利用する人が増え続けているのです。
数多くの人が無料アニメ動画を利用しています。ぼんやりしている時間とか電車やバスで移動中の時間などに、容易にスマホで楽しむことができるというのは、とてもありがたいことだと思います。
中身が分からないという状態で、表紙を見ただけで買うかどうかを決めるのは困難だと言えます。いつでも試し読みができる電子コミックだったら、概略的な内容を精査してから買えます。
電子コミックのサービス内容次第ですが、1巻の全ページをタダで試し読みできるというところも若干あります。1巻を読破して、「これは面白いと感じたら、その先の巻をお金を支払って買い求めてください」という販売システムです。





作家の日常概要

                              
作品名 作家の日常
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
作家の日常ジャンル 本・雑誌・コミック
作家の日常詳細 作家の日常(コチラクリック)
作家の日常価格(税込) 324円
獲得Tポイント 作家の日常(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ