国をつくるという仕事 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

国をつくるという仕事ブックライブ無料試し読み&購入


【前・世界銀行副総裁が語る リーダーシップの真実】 貧困のない世界を夢見て・・・23年間の闘いから見えてきたもの ◆初めて訪れたエジプトの貧民街。少女ナディアが自分の腕のなかで息をひきとったとき、自分の人生が決定的に変わった――。基本的な医療があれば救える病気で命を落とす子どもたち。想像を絶する貧困の一方で、富があふれる都会があり、貧しい人々の苦しみを気にもかけない政治がある・・・。衝撃と怒りで一睡もできなかった帰路、著者は貧困と闘う仕事に取り組むことを決意する。 世界銀行に入った著者は、南アジア各国、アフガニスタン、パキスタン、バングラデシュなど数多くの途上国を担当。貧困地域に自らホームステイして現場の問題を探り出し、安易に援助を行うのではなく、地元のリーダーを支援することで自律的な貧困脱却を促す。民衆を顧みない権力者には、「それでもあなたは政治家か」と怒り、一歩も引かずに闘い抜く。現場を軽視した施策は改め、ほんとうに必要な支援を追求する。 貧困や悪政と闘いつづけた23年間。それは、この世界を変えたいと願う、あらゆる職場のリーダーたちと共に歩んだ道のりだった。農民や村長、貧民街の女性たちや売春婦、学生、社会起業家、銀行家、ジャーナリスト、政治家、中央銀行総裁、将軍や国王に至るまで――。本書は、「国づくり」の現場で出会った本物のリーダーたちの姿を情感込めて綴った回想記であり、今なお貧困や悪政の渦巻く世界を変えていくための、未来に向けたメッセージである。 ◆著者・西水美恵子氏は、女性としても日本人としても初めて世界銀行地域担当副総裁となった人物です。貧困との闘いにおいて、現地の人々自身のリーダーシップを支援することで成果をあげた他、自ら貧村にホームステイを行うなど、つねに「現場」に根ざした「国づくり」を推進しました。また、各国の為政者と信頼関係を築き、時には喧嘩も挑むなど積極的に政治改革を支援。ブータン国王・雷龍王4世やパキスタンのムシャラフ元大統領はじめ、多くのリーダーのエピソードが本書に綴られています。貧困との闘いの一方で、世銀内部の組織改革にも取り組み、その手法はピーター・センゲ教授はじめ経営学界でも高く評価されています。 ◆著者の意向により本書の印税はすべて「雷龍の国」ブータンのタラヤナ財団に寄付され、貧しい家庭の児童の教育費等に役立てられます。
続きはコチラから・・・



国をつくるという仕事無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


国をつくるという仕事「公式」はコチラから



国をつくるという仕事


>>>国をつくるという仕事の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


国をつくるという仕事、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
国をつくるという仕事を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で国をつくるという仕事を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で国をつくるという仕事の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で国をつくるという仕事が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、国をつくるという仕事以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


毎月の利用額が決まっているサイト、ユーザー登録せずに使えるサイト、1巻ずつ支払うタイプのサイトタダで読めるタイトルがいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも様々違う部分が見られますから、比較することをおすすめします。
電子書籍のニーズは、時が経つほどに高くなっています。そういう状況の中で、特にユーザーが確実に増えているのが読み放題というサービスだと聞いています。購入代金を気にせず利用できるのが最大のメリットです。
「家の中以外でも漫画を読み続けたい」と言われる方に向いているのがBookLive「国をつくるという仕事」だと言っても過言じゃありません。邪魔になる書籍を肌身離さず持ち歩くこともないので、バッグの中の荷物も減らせます。
電車を利用している間も漫画に熱中したいと願っている方にとって、BookLive「国をつくるという仕事」ほど有益なものはないと言っていいでしょう。スマホを一つ携帯するだけで、余裕で漫画に夢中になれます。
書店では、展示スペースの関係で置くことができる本の数に制限がありますが、BookLive「国をつくるという仕事」という形態であればそういった問題がないため、アングラな作品も取り扱えるというわけです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


店頭では内容を確認することさえ躊躇してしまうという内容の漫画でも、無料漫画というサービスのある電子書籍の場合は、内容をよく理解してからゲットすることができます。
本代というのは、1冊1冊の単価で見れば安いと言えますが、たくさん購入してしまうと、月々の利用料金は高くなります。読み放題なら月額の利用料金が定額なので、出費を節減できます。
漫画を買い求めると、そのうち本棚の空きがなくなるということが起きてしまいます。けれどサイトで閲覧できる電子コミックなら、保管場所に困る必要がなくなるため、余計な心配をすることなく楽しめる事請け合いです。
「どこのサイトを通じて本を買うか?」というのは、案外大事な事です。料金とかコンテンツなどに違いがあるわけなので、電子書籍については比較して選択しないとなりません。
電子書籍に限っては、気が付いたら料金が跳ね上がっているという目にあうことがあります。対して読み放題に申し込めば月額料金が増えることはないので、何タイトル読もうとも利用料金が高額になる危険性がありません。





国をつくるという仕事概要

                              
作品名 国をつくるという仕事
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
国をつくるという仕事ジャンル 本・雑誌・コミック
国をつくるという仕事詳細 国をつくるという仕事(コチラクリック)
国をつくるという仕事価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 国をつくるという仕事(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ