仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉ブックライブ無料試し読み&購入


昭和史の第一人者が説くもう一つの日本の可能性。ミッドウェー海戦に勝利していれば、昭和天皇が終戦直後に退位していれば、日本は変わった? もし日本海軍がミッドウェー海戦で勝利していたらもし米軍のガダルカナル島上陸を本格的反撃と認識していたら山本五十六は自決したのか?もしアッツ島守備隊が玉砕の道を選ばなかったら絶対国防圏の欺瞞──もし知米派が作戦の中枢にいたら海軍乙事件──もし関係者を処罰していればもし秩父宮の東條の参謀総長兼任批判が表面化していればもしサイパンの民間人に投降勧告電報が打電されていればもし台湾沖航空戦の「大戦果」を訂正していればもし栗田艦隊がレイテ湾に突入していたらもし日本が原爆開発に成功していたらもし「大本営発表」が真実を告げていたらもし近衛上奏文の構想が実現していたらもし繆斌みよんひん工作から講和が実現していたらもし昭和天皇のバチカン和平工作が成功していたらもしソ連を仲介とした和平交渉で日本が手玉にとられなければもし日本が米ソに分割占領されていればもし「大本営発表」の虚偽が戦後、法廷で裁かれたならもし日本が「自主戦犯裁判」を開いていたらもし日本語のローマ字表記化が実行されていたらもし二・一ゼネストが決行されていたらもし昭和天皇が終戦後退位していたらもし占領期政策の継続を問う国民投票を実施していたらあとがきに代えて──あえて歴史に「もし」を持ちこんでみてわかること
続きはコチラから・・・



仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉「公式」はコチラから



仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉


>>>仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉を始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉を楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉の購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉が安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


「所有している漫画が多過ぎて困っているから、購入するのをためらってしまう」ということがありえないのが、BookLive「仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉」の利点です。どんなに数多く購入しても、本棚のことを考えなくても大丈夫です。
連載中の漫画などはまとめて購入しなければならないため、先ず初めに無料漫画で立ち読みするという人が増加しています。やっぱり立ち読みせず書籍を購入するのは難しいことのようです。
漫画マニアの人にとって、収蔵品としての単行本は大切だと思われますが、「読めればそれでOK」という人だとすれば、スマホ経由で読めるBookLive「仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉」の方が使い勝手もいいでしょう。
無料電子書籍を適宜活用すれば、時間を使って書店まで行って内容を見る面倒は一切なくなります。こうしたことをしなくても、「試し読み」で内容の把握ができるからです。
BookLive「仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉」が中高年の人たちに受け入れられているのは、中高生だったころに読んだ漫画を、新鮮な気持ちで手間もなく見ることができるからだと考えられます。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


誰でも読める無料漫画を提示することで、サイト訪問者を増やし売り上げ増加に繋げるのが販売会社にとっても利点ですが、一方のユーザー側からしても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
常々沢山漫画を買うと言われる方からすれば、月極め料金を納めれば何冊であっても読み放題で楽しむことができるという料金システムは、それこそ先進的だと高く評価できるでしょう。
コミックサイトは沢山あります。それらのサイトをできるだけ比較して、自分にぴったりのものを選択することが大切です。そうすれば良いサイトに巡り合うことができると思います。
電子コミックはPCやスマホ、iPadで見ることが可能なのです。最初だけ試し読みをしてみてから、本当にそれを買うかどうかを確定するという方が多いと聞かされました。
昨今、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というサービスが提供され人気急上昇中です。1冊ごとにいくらというのではなく、1カ月単位でいくらという料金方式を採用しています。





仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉概要

                              
作品名 仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉ジャンル 本・雑誌・コミック
仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉詳細 仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉(コチラクリック)
仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉価格(税込) 864円
獲得Tポイント 仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ