野球と余談とベースボール 電子書籍 ストア ブックライブ 品揃え

野球と余談とベースボールブックライブ無料試し読み&購入


日本一とワールドシリーズチャンピオンの両方を経験した男・田口壮。2012年に20年間と浪人1年の現役生活にピリオドを打った。2013年は新米プロ野球解説者・田口壮として、あらたなステージに挑戦する。本書は、その田口壮氏に現役時代ではなかなか語れなかったメジャーリーグと日本プロ野球の比較について書いてもらった。「文章も書ける野球選手」元メジャーリーガーの、思わず「フッ」と笑ってしまう日米野球比較おもしろ話。■CONTENTS【第1章】第3回WBC開幕。世界は野球であふれている。(7つの野球大国/魅力あふれるラテン勢 ほか)/【第2章】日本人選手のメジャー挑戦は人材流出なのか?(活発化するメジャー挑戦/ルーキーが直面するアメリカ野球のヒエラルキー ほか)/【第3章】日米比較。野球とベースボールとスターバックス。(メジャー特有の契約「オプション」とは?/分厚い言葉の壁を越えるには? ほか)/【第4章】セイバーメトリックスが苦手です。(ベテランと若手スカウトマンの攻防/似ているようで違う「数値化」と「データ化」 ほか)/【第5章】統一球問題は、外野のフェンスを下げて解消!(メジャー公式球とも違う日本の統一球/統一球問題を解決する、わたくしの提案 ほか)■著者田口壮(タグチソウ) 1969年生まれ、兵庫県西宮市出身。関西学院大学時代、通算123安打のリーグ記録を樹立。この記録は現在でも破られていない。1991年遊撃手としてドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。3年目には外野手に転向し、1995年、1996年のリーグ連覇(1996年は日本一)に貢献した。ゴールデングラブ賞5度、ベストナイン1度を獲得。2002年FA宣言し、メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。6年間在籍したのち、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスでプレーした。2010年日本球界に復帰。2012年引退。※著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。
続きはコチラから・・・



野球と余談とベースボール無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


野球と余談とベースボール「公式」はコチラから



野球と余談とベースボール


>>>野球と余談とベースボールの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


野球と余談とベースボール、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
野球と余談とベースボールを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で野球と余談とベースボールを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で野球と余談とベースボールの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で野球と余談とベースボールが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、野球と余談とベースボール以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


中身が不確かなまま、表紙のイラストだけで読もうかどうかを決定するのは冒険だと言えます。無料で試し読みができるBookLive「野球と余談とベースボール」でしたら、大まかな内容を知ってから買えます。
無料漫画というのは、書店での立ち読みと一緒だと考えていいでしょう。内容がどうなのかを概略的に確かめてからゲットすることができるので、利用者も安心できます。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが重宝するでしょう。買うのも容易ですし、最新本を購入するために、わざわざ本屋で事前予約を入れることも不要になるのです。
スマホ上で見る電子書籍は、ご存知の通り文字のサイズを自分用に調節することが可能ですので、老眼で本を敬遠しているアラフォー世代以降の方でも難なく読むことができるという優位性があるわけです。
数年前までは単行本を購入していたとおっしゃるような方も、電子書籍という形で読んでみた途端、便利過ぎて戻れないということが多いのだそうです。コミックサイトもかなり運営されていますので、是が非でも比較してから選定するようにしてください。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


常に持ち歩くスマホに全ての漫画をダウンロードすることにすれば、本棚の空きスペースを気に掛ける必要が皆無になります。一回無料コミックから利用してみた方が良いと思います。
「連載になっている漫画を見るのが好きなんだ」という人には必要のないサービスです。されど単行本が発売になってから買い求めるという方にとっては、買う前に無料漫画で概略をリサーチできるのは、何より嬉しいことなのです。
連載系の漫画は何十巻と購入しなければならないため、先に無料漫画でちょっとだけ読むという人が増えています。やっぱり何も情報がない状態で漫画の購入を決断するというのは難しいのでしょう。
「詳細を理解してからじゃないと買いたくない」というような人からすれば、無料漫画と言いますのはメリットの大きいサービスに違いありません。販売者側からみても、顧客数増大に効果のある戦略だと言えます。
無料電子書籍があれば、時間と労力を掛けて店舗まで出向いて行って中身をチラ見する必要性がなくなります。そういったことをしなくても、スマホで「試し読み」をすれば内容の確認が可能だからです。





野球と余談とベースボール概要

                              
作品名 野球と余談とベースボール
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
野球と余談とベースボールジャンル 本・雑誌・コミック
野球と余談とベースボール詳細 野球と余談とベースボール(コチラクリック)
野球と余談とベースボール価格(税込) 616円
獲得Tポイント 野球と余談とベースボール(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)

ページの先頭へ